「絵のこと」の最近のエントリー

個展のお知らせ

17017.jpg

2017年2月の末に、展覧会を開催します。
案内状ができあがりました。
どなたさまも、お越しいただけますと嬉しいです。

先にも書きましたが個人の展示は2011年以来です。
相変わらず、植物ばかり描いておりますが仕事の絵とは少し印象が違うかもしれません。
野菜やくだものの絵は出展しませんので予めご了承ください。

大きいサイズのもの、小さいサイズのもの、40点ほどをご覧いただける予定です。

順番に案内状を発送しております。希望の方はメールにて送り先をお知らせください。
詳しくはSNSなどにも書きますが、ほぼ毎日会場に居る予定ですのでお声かけください。
どうぞよろしくお願いいたします。

-------------------------------------------------------------------------

波多野光 個展「base」
日程:2017年2月21日(火)〜28日(火)
時間:12時〜20時(日・祝と最終日は18時まで)
場所:青山 DEE'S HALL 港区南青山3-14-11
   「表参道」A4出口から徒歩3分/入場無料

*インスタグラムで作品などを公開しております >>

終了しました。たくさんお越しいただき、ありがとうございました。

「れる られる」掲載/ダ・ヴィンチ11月号

『ダ・ヴィンチ11月号』の「この本にひとめ惚れ」コーナーに
装画を担当した「れる られる」が掲載されています。
糸井重里さんが選んでくださったようです。
151113_1.jpg
発売されたのは今年の始めで、そのいきさつは 2015.1.16 に詳しく書いています。
最相葉月さんの、ずずん と体の底に響く一冊です。是非読んでほしいです。


9月の展覧会を機に、インスタグラムを始めました。
インスタグラムでは過去のものなども含め、主に作品をアップしており(hatano_hikaru)
このホームページでは主に仕事を中心に書いています。

といいつつ、脈絡もなく、展覧会で展示した作品。
色の壁に掛けても、いいかんじです。
151113.jpg
展覧会で出した作品は、引き続き販売しております。
このホームページのトップ画面「原画の購入を希望される方へ」をご覧のうえ、ご相談ください。

ふたつの展覧会 終了しました

9月の、ふたつの展覧会が終わりました。
お越しいただいたみなさま、大変ありがとうございました。

「野菜とくだもの切手」で知っていただいた方、「たねや」の冊子でご存知の方
はたまた「RF1」のフリーペーパーや、さまざまな書籍の装画を好んでくださっている方々。。
または、いつも額をお願いしている家具のSTANDARD TRADE.から入っていただいた方などなど
調べて訪ねてくださった方も多く、嬉しく思いました。


ギャラリー「みずのそら」では、
ガラスのランプシェードと、和紙の什器、そして植物の絵を使った
「空間」というものを味わっていただく展覧会となりました。
偶然にも3人がハタノ姓。。ということだけで、勢いで計画したようなところもありましたが
刺激的で、良いバランスの展示だったかな?と思っています。
こちらは懲りずに巡回(?)のもくろみもあり、またどこかでお目にかかれたら嬉しいです。
150929_1.jpg
3H展@みずのそら ガラス:波多野裕子、和紙:ハタノワタル、絵:波多野光


それから前半に開催した「ごはん屋ヒバリ」での野菜展では
今回は小さなB4サイズのポスターを作りました。
初めてポスターを作りましたが、こちらも好評をいただき、
8種類の中から、ああでもない、こうでもないと選んでいただけたことを
とても嬉しく思いました。ありがとうございました。
150929_2.jpg
ポスターの販売については、今のところ通販などは予定しておりませんが
お取り扱いいただける店舗など模索しているところです。


この展覧会を機に、インスタグラムを始めました。
作品画像を中心に投稿しますので、よかったらフォローしてください。>>> hatano_hikaru 
新着のお仕事情報などは、このHPで更新しています。どちらもチェックいただけますと嬉しいです。

3H展@みずのそら 間もなくです!

西荻のギャラリー「みずのそら」での三人展、間もなく22日から開始です。
実はすでに、ほぼ設営が終了しており、なかなか良い空間になりましたので
ぜひともお越しいただけると嬉しいです。
(詳しい内容や場所などは、ひとつ下の記事をご参照ください)
150918.jpg
波多野光の作品は15点あまり、すべて販売いたします。
波多野裕子さんのガラスのランプ、ハタノワタルさんの和紙の作品
どちらも本当に素晴らしく、ご満足いただけると思います。

私は初日22日と23日、26日は夜のみ、27日に在廊しております。
14時〜21時と、ちょっと遅めの展覧会ですので、どうぞお間違いなく。
よろしくお願いいたします。

「一冊の本」のこと

1999年から現在まで、毎月イラストを掲載していただいている「一冊の本」は
朝日新聞社の出版物を紹介するPR誌(月刊)です。
140612_1.jpg
表紙を開いて、目次の次のページ「巻頭随筆」のタイトルの下に
小さくモノクロで、イラストが入ります。

ちなみに今月号はこんなかんじ。。「ムシカリ」という植物です。
140612_3.jpg
今回なんとなく、この絵が仕上がるまでの過程を写真に撮ってみました。
あまりキレイな写真ではありませんが。。こんなかんじ〜。
140612_2.jpg
「一冊の本」の絵は、
アートディレクションを手がけられている 原研哉さんとのお話で
内容と関係性がなくても良い、ということで始まり
毎月少しだけ季節感を意識して絵を描き。。15年が経ちました。
(え!? 今数えて、自分でもびっくりです!)

今回のように、色数の少ないものもありますが、すべてをカラーで仕上げていて
野菜、植物はもちろん、過去には昆虫や魚、石、などの絵も描いてきました。

「一冊の本」は一般販売はありませんが、大手の書店などでは
店頭配布しているところもあるかと思います。(たぶん)
定期購読はできますので、興味のある方は朝日新聞出版のサイトをご覧くださいね。



category

アーカイブ