「仕事のこと」の最近のエントリー

鹿児島のお仕事

出不精であまり旅行に行かない私ですが
今年の初夏に鹿児島の旅に連れ出してもらって
いろいろな出会いが、いろいろな作品につながりました。

こちらはポスター。
霧島で花苗の生産をされている片山清美さんが
各地を巡回するパンジー・ビオラの展示会でお披露目してくださいました。


181207_01.jpg

そしてこちらは、以前から続いているお仕事、お茶屋「下堂薗/しもどうぞの」さんの冊子。
今号はサルトリイバラを描いています。
181207_02.jpg
デザイナーはどちらも同じ、鹿児島在住の花田理絵子さん。
今回は自宅に宿泊させていただき、いろんなところを案内いただきました。

圧巻だった樹齢1500年のクスノキは、おまけ写真。
181207_03.jpg

私は「このこと」って、何が(誰が)きっかけだったっけ?と、考えるのがクセです。
さかのぼってたどっていくと、いろんな人の顔が浮かび、
多くの出会いから、今があることを実感します。
そして、自分は何かを返せているのかなぁ。。と、肩身の狭い思いになるのです。
まったくもって、有り難く、誠に申し訳ないかぎりです。
 

平原慎太郎 OrganWorks フライヤー

ダンサー 平原慎太郎氏 率いる OrganWorks のフライヤーに
絵を採用いただきました。
170923organworks.jpg

デザイナー力 半端ない、カッチョいい仕上がりで、とても嬉しいです。
色合いや濃度などは、原画から微妙に調整いただいています。
裏面は同じ絵が「ネガ」の状態になっていますが
ボワ〜んと光を放つ深海の生き物のように見えて、これまた素敵。


絵を描く人にはそれぞれの考え方がありますが
私の場合は、印刷物になる時 絵は「素材」と考えていて
原画の通りに色が再現されなくても、仕上がりが良ければ、良し。
デザイナーの仕事に敬意を払って託します。

クライアントの意図、デザイナーの技量、イラストの力。
全てが良い方向に働けば、良い仕上がりになる と、信じています。


作品を気に入ってくださった OrganWorks 主宰 平原慎太郎さんに感謝。
「聖獣 〜 live with a sun 〜」パフォーマンスがとってもとっても楽しみです。

西利『発酵生活』ビジュアル

2017年初旬にお漬物の西利から、新しいブランド
『発酵生活』がオープンしまして、そのビジュアルを担当させていただきました。

170524_1.jpg

漬物以外の食生活で乳酸菌を取り入れようと、商品を展開されるそう。
現在のところ、京都の高島屋地下にのみ店舗があり、お惣菜なども買えるようです。
お出かけの際は、是非お立ち寄りください。
(西利の売り場とは別ブースになっているので、売り場でお尋ねください)

170524_3.jpg

私のイラストは店舗のメインビジュアルと、ショッパー
キュウリ、人参、玉ねぎのドレッシングパッケージなどになっています。
商品アイテムはまだ少ないですが、通販もできるようですので
もしよかったらお試しください。>> 西利の通販

170524_2.jpg

 


 

新潮社「考える人」最終号

170405.jpg

2002年から通算60冊を刊行された、新潮社の『考える人』。
今号が最終号となるそうです。


私は、たまたま最終号の表紙を飾らせていただくこととなったのですが
ただいま表参道の山陽堂書店にて「また会う日まで『考える人』。。」展の会場にて
原画をご覧いただけますことをお知らせしておきます。

会場ではこれまでのバックナンバーも並んでいて
物事を深く考えるために、内容の濃いテーマを多く取り上げてこられたのだな。。ということが
とてもよくわかります。こういった出版物が休刊になるのはとても残念に思います。

河野編集長、デザイナーの島田さん
編集部の皆様、お疲れ様でした。


------------------------------------------------------
展示は2017年4月4日〜11日
「また会う日まで『考える人』、これからもよろしく『webでも考える人』」展
表参道:山陽堂書店(3F、4F)

アリス・マンロー『ジュリエット』装画

装画を描いた本が届きました。
2013年にノーベル文学賞を受賞したアリス・マンロー。
新潮社クレストブックスから出版されるものは、多く装画を描かせてもらっています。

『ジュリエット』は10月末発売。
ただいま各所で予約できるようです。
161027_01.jpg


今回の本は新作ではありませんが、映画化されます。
映画タイトルは『ジュリエッタ』。11月初旬に公開されます。
試写会に行かせてもらいましたが、大人の女性に是非オススメしたい作品です。
それぞれが色んな角度から、色々「思う」ことができる映画ではないかな。
スペインのペドロ・アルモドバル監督の映像が、とても美しい。
機会があったらどうぞ映画館にお運びください。
161027_02.jpg

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

category

アーカイブ