「仕事のこと」の最近のエントリー

装画「椿の海の記」などなど。。

装画を描かせていただいた本が発売中です。

130510.jpg

◎石牟礼道子著「椿の海の記」河出文庫
1976年に初版され、その後文庫化。何度も再販されているロングセラー本です。
編集の方から「椿」という指定をいただいたものの、
どういう表情の椿にするか、仕事にかかる前にざーっと内容をななめ読み。
ところが最後まできてどっきり。池澤夏樹さんの解説の一行目
「この本を前にしたときひとつ大事なことがある。それはゆっくり読むこと」と。
手元に届いた今、もう一度、ゆっくり読み直しているところです。

◎加藤恭子著「伴侶の死」文春文庫
こちらも四半世紀前に出版されたものの復刻版。
重いタイトルなので、軽やかな装画にしたいとのことで
以前試作していた パターン化した植物のイラストを採用いただきました。
いつもと少し違ったポップなイラストです。(こういうのもたまに描きます:笑

◎伊藤由美著「銀座の矜持」ワニプラス
こちらは、銀座老舗クラブのママさんの本。
普段は文芸系の装画が多いので、私にとっては珍しい内容の本でした。
デザイナーの要望は「桜」、夜桜のイメージで背景を黒にしたいとのこと。
はらはらと可憐に散っていく桜というよりは、華やかで凛とした桜を描きました。
本をぐるりと、黒留袖で包んだようなデザインです。

書店でみかけられた、どうぞ手にとってご覧ください。

フルタヨウコさん「果物のごはん、果物のおかず」

友人の料理家 フルタヨウコさんの料理本が出版されました。
なかなか珍しい、フルーツを使ったおかずのレシピ本
「果物のごはん、果物のおかず」。
130420_1.jpg
表紙と、中面の扉の部分など
イラストでお手伝いさせていただきました。
こんなかんじ〜。。
130420_2.jpg
130420_3.jpg

フルタヨウコさんとは公私ともに、かれこれ長いつきあい。
彼女のHPや。。
130420_4.jpg
人気商品のジャムラベルなどにもイラストを使っていただいています。
130420_5.jpg

今回の「果物のごはん、果物のおかず」で紹介する果物は15種類。
86品の果物料理を紹介しています。
写真も美しく、すぐにでも試したくなる料理満載でとてもおすすめ!

4月24日ごろから書店に並びます。
どうぞよろしくお願いします。

「果物のごはん、果物のおかず」
料理・写真・テキスト:フルタヨウコ
デザイン:葉田いづみ
発行:誠文堂新光社

「たねや」さんの小冊子「La Collina」

滋賀県近江八幡のお菓子屋さん「たねや」「クラブハリエ」の
全店舗で配布されるフリー冊子「La Collina」でイラストを描かせていただきました。
130219.jpg
「La Collina」は、近江八幡の自然や風土、人々の暮らしとともに
「たねや」さんの「在り方」を紹介する冊子で
私はライターの千葉望さんのコラムに添えて今回「紫草(むらさき)」という植物を描きました。

「紫草」は万葉の時代から、染色に使われている植物。
その根が美しい紫色を染め出します。(花は白くて、とても可憐)


「La Collina」は、年二回配本。創刊号となる今回は
全国各地の「たねや」「クラブハリエ」店頭で配布されます。
とても美しい本です。数に限りがありますのでどうぞお早めに。
130219_02.jpg
「La Collina」
編集:丹治史彦・井上美佳(信陽堂編集室)
アートディレクション:関宙明(ミスターユニバース)
写真:川内倫子・大沼ショージ
文章:千葉望



天然生活/付録カレンダー

ただいま発売中の「天然生活(2013年2月号)」の付録
2013年カレンダーのイラストを担当しました。

121222_01.jpg
カレンダーはジャバラになっておりまして
季節の移ろいを感じられる旧暦を暮らしに取り入れた構成になっています。

「冬至」や「大寒」などおなじみの言葉の他に
「熊蟄穴/くまあなにこもる」
 = 熊や様々な動物が巣ごもりし冬眠する季節。
「水沢腹堅/さわみずこおりつめる」
 = 沢に氷が厚く張りつめるころ。太陽のありがたさを感じる季節。
などなど、美しい言葉が満載。
忙しい日々に少し立ち止まって、季節を感じてみてはいかがでしょう。

イラストをちょぴっとご紹介すると。前半はこんなかんじ。。。
121222_02.jpg
そして後半はこんなの。。です。
121222_03.jpg
来年の一年間、手元に置いていただけると嬉しいです。

特集は「編み物」。
充実した内容で、ついつい年末年始に何か編みましょうか。。
という気持ちになる一冊です。

絶賛発売中。どうぞよろしくお願いします。

文庫の装画

装画を描かせていただいた文庫本が発売になりました。
永井路子さんの「美貌の女帝」(新装版)です。
121219.jpg
ストーリーは。。。
壬生の乱から藤原京、平城京へと都がうつる激動の時代
皇位を巡って繰り返される裏切りや策略の中、懸命に生き抜いた
悲劇の女帝、氷高皇女を描いた長編歴史小説。

歴史好きならこの年末年始、ゆっくり読んでいただきたい一冊です。

さてと、この表紙。。
黒を背景にとても魅惑的な仕上がりになっていますが
実は種を明かすと、デザイナーさんにお渡しした原画はこのようなもの。。
121219_02.jpg
黒を背景にするとずいぶん印象が変わります。

イラストはあくまでも素材。
デザイナーさんの手が加わることで完成するのであります。

今回のように驚かされると
嬉しくてニヤニヤしてしまうのです。
前の5件1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

category

アーカイブ