「仕事のこと」の最近のエントリー

文庫の装画

装画を描かせていただいた文庫本が発売になりました。
永井路子さんの「美貌の女帝」(新装版)です。
121219.jpg
ストーリーは。。。
壬生の乱から藤原京、平城京へと都がうつる激動の時代
皇位を巡って繰り返される裏切りや策略の中、懸命に生き抜いた
悲劇の女帝、氷高皇女を描いた長編歴史小説。

歴史好きならこの年末年始、ゆっくり読んでいただきたい一冊です。

さてと、この表紙。。
黒を背景にとても魅惑的な仕上がりになっていますが
実は種を明かすと、デザイナーさんにお渡しした原画はこのようなもの。。
121219_02.jpg
黒を背景にするとずいぶん印象が変わります。

イラストはあくまでも素材。
デザイナーさんの手が加わることで完成するのであります。

今回のように驚かされると
嬉しくてニヤニヤしてしまうのです。

商品パッケージのイラスト

このイラストが。。。
121105_1.jpg
このパッケージにと〜〜っても小さく使われていますよ。
(右のはしに。。見えますか?)
121105_2.jpg
現在、元ゲゲゲの女房さん出演のCMで
一瞬ご覧いただけます。チェック、チェック!!笑
121103_3.jpg

雑誌の扉絵

今年の春から「プレジデントファミリー」という月刊誌で
毎月、季節の花を描いています。
ここ最近はキンモクセイ、シクラメンを描きました。

121023.jpg
「タテ長」という制約があって、毎回、細長く描いていますが。。

表紙をめくってすぐの巻頭ページにある
「名言」に添えるイラストです。
書店で見かけたら、ぜひ手にとってみてください。

海嶺/三浦綾子 著

 角川文庫からの改訂版 三浦綾子作品「海嶺」。
三冊並べると、やつで の絵がつながります。
120828.jpg
「海嶺」は江戸後期に遭難した船の乗組員3人が、
なんとか外国に漂着し、帰国しようとしたにもかかわらず
鎖国状態にあった日本に受け入れてもらえず
人生を翻弄されるという実話をもとに書かれた長編小説です。

前に紹介した「氷点」などとともに
並べて置いてくださっている書店もあるかもしれません。
見かけたぜひ、手にとってご覧ください。



三笠会館

2009年より「三笠会館」のお仕事をさせていただいています。

鎌倉市大船にあるイタリアン料理店 AGIO に続き、
この夏は軽井沢店のメニューなどに絵を使っていただきました。
山法師 という植物を描いています。

120810.jpg
三笠会館 軽井沢店(フランス料理)は夏の期間だけの営業で
今年は7月13日〜9月23日までオープンします。
気軽に入れるお店ですので、
避暑に軽井沢を訪れることがありましたら、ぜひお立ち寄りください。


こちらは鎌倉大船店 AGIO 。
店内装飾とメニューなどに絵を使用いただいていますが
近々新作が登場する予定です。
JRの駅ビル内にあり、行きやすい場所なのでお立ち寄りくださいませ。
店内こんなかんじです ↓
120810_2.jpg




前の5件1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

category

アーカイブ