ミニ野菜イラスト展@ごはん屋ヒバリ

160819.jpg

世田谷区砧の「ごはん屋ヒバリ」さんは、旬の野菜などを使ったお料理が楽しめるお店。
毎年、夏の終わりのこの時期に野菜のイラスト展示をさせていただくようになって4年目。
今年は「野菜の箱」を展示販売します。
24種類の中からお好きな野菜を選んでご注文ください。(後日のお渡しになります)
大きさは名刺サイズです。
その他、便箋などの紙ものや、昨年に引き続きポスターも少しご用意します。
期間中は私も時々、顔を出す予定です。ご一緒になる機会がありましたらお声かけください。
どうぞよろしくお願いいたします。 注)切手のイラスト展ではありません


*展示販売は「ごはん屋ヒバリ」の通常営業の店内で開催しますので、
 お食事をしながらお楽しみいただけますと幸いです。
 お電話やメールなどでのご注文は受付けておりません。ご了承ください。

-------------------------------------------------

波多野光 ミニ野菜イラスト展 4


2016年8月31日(水)〜 9月4日(日)
水木金土曜:18〜23時 日曜:12〜16時
*混み合う場合がありますのでお席のご予約をおすすめします
場所:ごはん屋ヒバリ 世田谷区砧8-7-1-2F 3415-4122
   instagram.com/gohan_hibari  hibarigohan.com

160819_.jpg

狂言家『茂山千五郎家のおまわり』

初めて「国立能楽堂」に行ってきました。
お能ではなく、狂言を観に。。
160618_1.jpg
能舞台は独特の美しさがあって、ピリリとします。
そしてワクワクします。
(老松の緑青が鮮やかすぎて、ちょっとハレーション気味。。)

今回は茂山千五郎家の狂言。茂山家は京都のお家です。
 *茂山家は大蔵流という流派だそうです
  ちなみに野村萬斎さんのところは和泉流というそうです

で、なぜ茂山家かというと、実は過去にこんなお仕事をしています。
160618_2.jpg
もう10年以上前のお仕事ですが、
茂山家に代々伝わる、季節のしつらえや行事、決まりごと、お料理などを紹介する内容で
「狂言家の本」ということで、季節の野菜で「笑」を表現した装幀です。
写真はとても美しく、内容の充実した本なのですが、実は非売品。
一般流通がないのは残念です。

そんなわけで、勝手に親しみを感じていた 千五郎さんはこんな方。(本より)
舞台に出てこられただけで、楽しい気持ちになるのです。
160618_3.jpg

本は、中の扉にも野菜の「笑顔」がたくさん。。
「絵をこんなふうに使うことは本意じゃないかもしれないけど。。」という
当時のデザイナーさんの言葉を思い出しますが。笑
160618_4.jpg

切手のお仕事のもっともっと以前の、野菜の絵のお仕事。の
ご紹介でした。



イタリア好き!

『イタリア好き』というフリーマガジンがありまして
全国のイタリアンレストランや、雑貨店、食材のお店などで手にはいるものですが
現在24号まで出版されていまして、私は21号からコラムのページでお世話になっています。
160512_1.jpg
毎回、内容にあわせて食材を描くのですが
初めて描くものもあったりで、新しい発見が楽しいです。
160512_2.jpg
↑ こちらは現在配布中の24号で、ドライトマト。
160512_5.jpg
↑ これは23号で描いたケッパーとその花。
ケッパーは花のつぼみの酢漬けですが、こんなきれいな花だったとは。。

『イタリア好き』もっと知りたい方は
どうぞこちらをご覧あれ http://italiazuki.com/

稲穂のイラスト

2015年に発売となった「おこめ農家やまざき」さん著の
『まんぷくごはん/主婦と生活社』の中で描いた稲穂のイラストが
パッケージになりました。
160408_01.jpg
160408_02.jpg
「玄米粉のパンケーキMIX」と「米ぬかの石けん」です。
とても美しいデザインをしてくださったのは drop aroundさん。

どちらも一般販売はしておらず、支援へのお礼品として作られたものです。>> コチラ

「まんぷくごはん」はこちら。
稲穂は、最後のページ「お米の一生」で描いたものです。
おいしいおかずがいっぱいの一冊です。
160408_03.jpg




洋服のモチーフ柄デザイン_nooy

洋服の刺繍モチーフ柄をデザインさせていただきました。
ブランドは『nooy/ヌーイ』。
シーズンごとに、上質で心地よい素材の素敵なスタイルを提案しています。

「デザイン」というほどのものでもありませんが、
提案した柄が刺繍となって、洋服ができあがるというのは、とても楽しい体験でした。
160317_0.jpg
シャツやスカートなど、色の組み合わせやアイテムがさまざまあります。
お洋服は、nooyのサイトから購入もできますので、興味のある方はぜひご覧ください。
nooy  >>> コチラ 2016 S+S
160317_1.jpg
160317_2.jpg

以前にも書きましたが、同じnooyのお仕事を一緒にご紹介しておきます。
こちらはコレクションダイレクトメールに生地の絵を描いたもの。
2012-13 A+W、2013 S+S
160317_3.jpg
こちらは天然植物染めの生地を使った洋服のためのタグ 2015 S+S
160317_4.jpg
少しづつ春めいてきました。
おしゃれして外出したい季節です。



前の5件1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

category

アーカイブ