池坊「華道」、趣味の園芸、やさい切手のこととお知らせ

月々の仕事、毎月はご紹介していませんが
ここに少し画像をアップしておきます。
まとまったところで、artworkページに更新する予定です。

池坊の会報誌「華道」表紙/2015年6月号、7月号、8月号
150728_01.jpg

150728_02.jpg

150728_03.jpg

NHK「趣味の園芸」テキスト 扉絵/2015年6月号、7月号、8月号
150728_04.jpg

150728_05.jpg

150728_06.jpg

好評をいただいております「野菜とくだもの切手 第4集」は
2015年8月31日発売予定です。
今回も楽しんで使っていただけると嬉しいです。よろしくお願いします。

それから展覧会の予告を少し。。

ひとつは、
今年も8月31日(ヤサイの日)前後に、友人のごはん屋さんで
小さな野菜の絵の展覧会を予定しています。
もうひとつは、
9月の終わりころに、個展ではありませんが、
植物画の原画をご覧いただける機会を予定しています。

どちらも東京都内の会場ですが、詳細が決まりましたら、お知らせしますので
お越しいただけますと嬉しいです。

どうぞよろしくお願いいたします。

まんぷくごはん と お茶

親しくさせていただいているお米農家さん
山崎夫妻の本が発売されました。
お米を美味しく食べるための、料理本です。
150501_1.jpg
ごはん好きにはたまらないレシピ満載!
パン派の方も、きっとお腹が鳴るはずです。

私は最後の最後のページに「お米の一生」をイラストで描かせてもらいました。
150501_2.jpg
山崎家の田んぼには、田植えに行かせていただいたことがありますが
今回はお米を描くにあたって、わざわざお二人に来ていただいて
お米に関する疑問、ほんのささいなことも全部、
描く内容とは関係ないことも含めて(笑)直接お聞きすることができて
とても楽しい経験になりました。

改めて、お米はスゴい! 
そしてそれを育てて届けてくださるお米農家さんには、本当に敬服する思いです。

お米やま家の まんぷくごはん/主婦と生活社



そしてお米といえばお茶(。。無理矢理かな??)
こちらは鹿児島のお茶屋さん「下園堂」さんのお仕事。
市内に「らさら」という日本茶を楽しめるお店があるそうです。
150501_3.jpg
「むくげ」は夏の花。茶花としても人気の高いお花です。
今回描いた種類は「宗丹木槿」。千宗丹が好んだ種類らしいです。
可憐です。。

ちなみに、今これを書こうと「むくげ」を調べていたら
ウルトラQの「マンモスフラワー ジュラン」は「むくげ」がモデルである。
というのを見つけました。

検索したらコレ↓でした。 
個人的にとても興味深かったので、載せちゃいました。あしからず〜。。
150501_4.jpg







「ラ コリーナ」Vol.5

「ラ コリーナ」Vol.5、配布が始まっています。

今回の表紙は「スギゴケ」。
毎回、川内倫子さんの写真が美しいです。
150311_02.jpg

「ラ コリーナ」は、ここでも何度かご紹介していますが、
和菓子の「たねや」さんが発行する、小冊子。
デパート地下街の店舗や、本店支店などで無料配布をしております。

私は今回も、千葉望さんの文章にイラストを描きました。
開花が待ち遠しい「ソメイヨシノ」より、さらに少し後に咲く「山桜」です。
150311_01.jpg

「ラ コリーナ」は「たねや」さんの本社がある滋賀県近江八幡を
その風土や文化、人々の暮らしとともに紹介する冊子です。
1年に2回の発行です。とても美しい本ですので、ぜひご覧いただきたいです。

RF1 店頭配布リーフレット

RF1(アールエフワン)の新しいリーフレットができました!
150223_0.jpg
といっても、もう今年の最初あたりから配布が始まっていて
店頭分は終了しているかも。。
手にとっていただいた方、いらっしゃるかな?
150223_2.jpg
今回のテーマは京野菜!
パラパラと広げた裏側に、イラストど〜ん!です。
150223_1.jpg
絵を大きく見ていただけるのは、嬉しいですね。

さて、次号はなんの野菜でしょう?
お楽しみに!


最相葉月『れる られる』装画

新しい本が届きました。
最相葉月(さいしょうはづき)さんの新刊『れる られる』。
150116_1.jpg
最相さんはノンフィクションの作家さんですが
'06年/'07年、雑誌のコラム連載でお仕事をご一緒させていただき
それより以前に『青いバラ』というタイトルのご本を出版されていたこともあり
連載終了の折に「青いバラ」の絵をプレゼントさせていただきました。

絵をプレゼントするなんぞ、今となっては押し付けがましく、恐縮してしまうのですが
その絵をこの度、新しい作品の装画に、とご連絡をいただき
なんとも嬉しいいきさつで、採用の運びとなりました。

『れる られる』は、色々なきっかけで人生の受動と能動が転換する、その境目を
「生む・生まれる」「支える・支えられる」など、六つの風景で描かれた本。
ずんと重量感のある内容ですが、様々なことを考えさせられる一冊です。


青いバラの絵はこんな具合にど〜んと、全体に配置されています。
とっても潔く美しいデザインの本。ぜひ、読んでいただきたい作品です。
150116_2.jpg

『れる られる』最相葉月(岩波書店刊)
 デザイン:後藤葉子


前の5件1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

category

アーカイブ