植物たちの救世主:装画

新しい本が届きました。
あまり描かないタイプの、植物群生イラストです。

時間の関係で内容を読まずに始める必要があり
依頼主からの「熱帯の植物」という言葉だけをヒントにまとめました。

180623_01.jpg

『植物たちの救世主』柏書房
この本の著者 カルロス マグダレナは、イギリスのキュー・ガーデン(キュー王立植物園)勤務。
絶滅したと思われた世界最小のスイレンの栽培を成功させるなど、希少植物の救出をはじめ
世界中から持ち込まれる植物の悩み事と向き合っている園芸家です。
自身の生い立ちから、どのようにキュー・ガーデンの一員となり、また日々どのように植物と接しているか。
専門的な事例も詳しくわかりやすく描かれ、植物が人間にとっていかに大切であるかを教えてくれます。
ここ最近の本としては、少々文字数が多いですが、植物好きならスイスイと吸い込まれる本かな。と思います。

原題『The Plant Messiah』は2017年にイギリスの Penguin Books から発売され
その後、各国で翻訳版が刊行されているようです。
日本語版の装画を描かせてもらえて、光栄です。
180623_003.jpg
ちなみにこれ、原画です。
180623_02.jpg

そして著者のカルロスさん、こんな方。キュートです。
(勝手にお写真拝借。ごめんなさい)
180623_04.jpg

あまり海外に行ってないのですが、イギリスは訪れたことがあって
なんだか勝手に贔屓している国です。キュー・ガーデン、今度行くことあったら行ってみたい。
カルロスに会えたら嬉しいですね。

『The Plant Messiah』日本語版『植物たちの救世主』
2018年6月25日、柏書房より発売です。どうぞ読んでみてください。

東京ミッドタウン日比谷 THE NORTH FACE

2018年3月29日にグランドオープンした 東京ミッドタウン日比谷。
2階の THE NORTH FACE の店舗内に、作品を内装いただきました。

180401_00.jpg

店舗デザイン、家具製作は STANDARD TRADE. 。
重厚感のある木製の家具と、石の床の取り合わせがグッと深く落ち着いた雰囲気。
これまでのノースフェイスの店舗とは一味違う、シャープでアダルトな印象です。

私の作品はB1サイズが3点。期間限定の展示ではなく、内装として設置いただきました。
ミッドタウン日比谷 にお立ち寄りの際は、ぜひ2階の THE NORTH FACE へ!

180401_01.jpg

180401_02.jpg
こっそりと豆情報:店内の音の良さにも、ぜひご注目を!!

書籍の装画

新しい装画のお仕事。

ひとつは佐々木義登著『郷里』。
半夏生の作品を大胆に使っていただきました。
1803_01.jpg

もうひとつは、京都 仁和寺の門跡のご本に
仁和寺に咲く御室桜(おむろざくら)を描かせていただきました。
1803_02.jpg

SNSにかまけていたら、ホームページの更新がすっかり疎かになってしまいます。
インスタグラム(@hatano_hikaru)では、主に作品(原画)をご紹介しています。
よかったらご覧ください。
 

鹿児島のお仕事

出不精であまり旅行に行かない私ですが
今年の初夏に鹿児島の旅に連れ出してもらって
いろいろな出会いが、いろいろな作品につながりました。

こちらはポスター。
霧島で花苗の生産をされている片山清美さんが
各地を巡回するパンジー・ビオラの展示会でお披露目してくださいました。


181207_01.jpg

そしてこちらは、以前から続いているお仕事、お茶屋「下堂薗/しもどうぞの」さんの冊子。
今号はサルトリイバラを描いています。
181207_02.jpg
デザイナーはどちらも同じ、鹿児島在住の花田理絵子さん。
今回は自宅に宿泊させていただき、いろんなところを案内いただきました。

圧巻だった樹齢1500年のクスノキは、おまけ写真。
181207_03.jpg

私は「このこと」って、何が(誰が)きっかけだったっけ?と、考えるのがクセです。
さかのぼってたどっていくと、いろんな人の顔が浮かび、
多くの出会いから、今があることを実感します。
そして、自分は何かを返せているのかなぁ。。と、肩身の狭い思いになるのです。
まったくもって、有り難く、誠に申し訳ないかぎりです。
 

平原慎太郎 OrganWorks フライヤー

ダンサー 平原慎太郎氏 率いる OrganWorks のフライヤーに
絵を採用いただきました。
170923organworks.jpg

デザイナー力 半端ない、カッチョいい仕上がりで、とても嬉しいです。
色合いや濃度などは、原画から微妙に調整いただいています。
裏面は同じ絵が「ネガ」の状態になっていますが
ボワ〜んと光を放つ深海の生き物のように見えて、これまた素敵。


絵を描く人にはそれぞれの考え方がありますが
私の場合は、印刷物になる時 絵は「素材」と考えていて
原画の通りに色が再現されなくても、仕上がりが良ければ、良し。
デザイナーの仕事に敬意を払って託します。

クライアントの意図、デザイナーの技量、イラストの力。
全てが良い方向に働けば、良い仕上がりになる と、信じています。


作品を気に入ってくださった OrganWorks 主宰 平原慎太郎さんに感謝。
「聖獣 〜 live with a sun 〜」パフォーマンスがとってもとっても楽しみです。

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

category

アーカイブ